2007年01月27日

「まあだだよ」− 内田百間不在の“わたおじ”の世界


 私には、内田百間という作家を気軽には語れないという気持ちがある。

 なぜ気軽に語れないか。それは百間と自分が似ていると思うからだ。
 それも似ているのは、人には言えない、恥ずかしい部分だからである。
 怠惰、我儘、虚飾、感傷、執着というような部分、他人には隠しておきたい、一人前のオトナとして恥ずかしく思うような部分。そこばかりが、すっごく似ているのである。
 だから百間を語ることは、自分の恥ずかしい部分を語ることに等しいという恐怖感がある。ああ恥ずかしい。なかでも本当に恥ずかしいのは、こうした欠点だらけの自分を苦々しく思いながらも、やっぱり心の奥底では許容している、のみならず愛していることであろう。
 
 百間はこんな恥ずかしい部分をネタにして晒し、絶妙な笑い話にしてたくさんの随筆を描いている。それ自体誰でもできることではなく、彼をすぐれた随筆家にしているひとつの要因だと思う。
 
 で、この「まあだだよ」。
 内田百間をモデルにし、彼の随筆を元にしたエピソードを多々盛り込んでいるという触れ込みであるが…。これはとんでもないウソである。

 この映画の主人公は内田百間でもなんでもない

 私の勝手な思い入れというわけではない。彼の随筆の読者なら誰でも賛同してくれると思う。
 内田百間といえば稀代のくそじじいである。我儘放題、自分ルールを第一として動くことがポリシーである。彼は自分をしてくそじじいをもって任じているのだ。
 だがこの映画の主人公にはそんなふてぶてしいところはひとつもない。小さくやせていて、身体が弱そうで、なんだか頭もちょっと弱そうなおじいさんである。こんな人物が描きたいのなら百間をモデルにする必要は、はなからない。

 長年勤めてきた学校を辞めるとき、生徒に「金むく」と呼ばれて泣いてしまうシーンが冒頭にある。なぜか田舎の中学教師みたいなシーンになっているが、百間が教鞭をとっていたのは法政大学と、軍の養成学校のみである。それに諸般の事情から40代には教壇から完全に退いて文筆業に専念している。こんなシーンなど現実にはありえないのだ。教職についた前後のことは随筆にもくり返し書かれており、読者なら誰でも知っていることだ。なのに、このまさにとってつけた“泣ける”エピソードは、一体何なのだろう。

 さらに不愉快なのが「泥棒入り口」のエピソードだ。教え子たちが夜中に先生の家にちん入すると、玄関に「泥棒入り口」と書いてある札が置いてある。廊下にも「泥棒通路」かなんか(忘れました)書いてある。居間には「泥棒休憩所」と書いてある。教え子たちはこれを見て暖かいユーモアにちょっとじーんとくるというようなシーンである。
 
 これは内田百間の随筆からアイデアをとったものであるが、随筆とはまったく違ったアプローチでとらえられているのに驚かされる。
 百間は強迫観念にかかりやすい自身の性格をよくネタにしている。泥棒が入るかもしれないという脅迫観念もそのひとつで、毎晩、雨戸に仕掛けをし、玄関やトイレの電気を夜じゅうつけておき、果ては目覚まし時計が夜中に鳴るようにセットする。もし泥棒が来てもベルの音で驚いて逃げるだろうというのである。もちろん寝ている自分が驚いて起きてしまい、このアイデアはすぐボツになる。
 「泥棒入り口」もボツになったアイデアとして紹介されている。この札を見た泥棒は思いがけなさに驚いて帰るだろうとまずは考えるのだが、いやいやこんな札をあまりたてると、今度は泥棒に「怖いあまりこんなことを考えたのだな」とのんでかかられると思い直すのである。そのうえ、家族にこのアイデアを話してみるが、あっさり無視されてしまって終わる。こういう笑い話として、随筆は書かれているのである。
 だが映画では百間がこの札を実践したものとして描いてある。もし私が作者だったら、「やってないことをネタにしたこと」を、映像で「実際やったこと」にして描写されるなど、耐えられない。

 もうひとつ気になるのは、百間の晩年を語るときには「もうひとつの家族」がかかせないはずだが、それがまったく抹消されていることである。
 百間は30代で妻と4人の子どもがいる家を出て、もと芸者である女性、こいと所帯を持ち、2度と帰ることはなかった。しかし死ぬまで妻と離婚することはなく、別居した家族との交流は最後まで絶えず、子どもたちはたびたび百間のもとを訪れていた。捨てた家のことは当然ながら百間の生活の中で精神上に大きなウェイトを占めていたと考えられる。その描写はしかし一切なく、おこいさんとの精神愛生活みたいなものがただ淡々と描かれている。 

 つまり、この映画は内田百間をモデルにしているといいながら、彼が創作や実際の生き方で表現した百間という人物そのものをまるで無視している。
 さらに言うなら、あえて百間の性質のややこしいところ、醜いところを全削除しているのである。
 
 黒澤明は百間の愛読者だと言っていたそうだから、この改変は百間を読んだことがない無知からではなく、監督たる自分は、自分の映画で何をしてもいいのだという傲慢から来る意識的なものだと思われる。
 内田百間の随筆の面白いところを適当につまんで、勝手にクロサワの考えた「わたしの理想のおじいちゃん(略してわたおじ)」にくっつけているだけなのだ。

 これは原作のある映画を作るときに一番やってはいけないことをしている最低の映画だと思う。
 原作通りに作るべきか、映画という形態に合わせてアレンジすべきか。監督は原作を通じて自分を表現するのだから、アレンジはすべきだろうというのが私の考えだ。だが原作の精神を破壊してはいけない。原作への尊重を忘れてテーマをねじまげ、人物像をねじまげ、自分の思う通りに操ってはいけない。
 なおかつ、おいしいところだけとって「利用する」など最低の行為であろう。

 はっきり言って、この映画は内田百間に対する冒涜であると私は思う。
 なぜこれを観て誰も怒らないのか、不快に思わないのかが不思議だ。何の評価も呼ばない映画だからといえばそれまでだが、自分をネタにしてそんな適当な映画を作られたこともまた、原作者にとっては侮辱といえるであろう。
posted by adayabook at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。