2007年01月30日

高慢と偏見 −岩波版の話


 映画も公開されて、また少し注目された「高慢と偏見」。あらたな新装版が出てから、岩波文庫版の同書がどれだけ悪評高かったかを知った。翻訳が古くさくて固いというのである。

 岩波版の「高慢と偏見」の初版は1950年だ。もともとが格調高き名訳というほどでもない文章だから、ただ古さだけが目立つというのだろう。昔の文庫なので字もチマチマと小さくて見にくい。それでも私はけっこう楽しく読んでいて、あまり不満もなかった。

 他の訳本もいくつかあり、本屋でパラパラめくってみたが、なるほどどれも岩波版に比べるとくだけた、そして正確な訳ではあるようだけど、岩波版で慣れているとどうも違和感があるので結局買っていない。
 
 「読者は翻訳者や編集が思っているほど翻訳のうまい、へたにこだわらない」とよく言われる。読者として、それはそうかもねと思うときがある。それなりにはこだわってるつもりではあるけれど、当たり前だけど重要なのは内容であって、内容に集中するとちょっとくらいへたな、ぎこちないような翻訳でもあまり気にならない。

 そりゃたまには悲惨なほどへったくそな翻訳本にあたって目をむくこともある。しかし一方でそれを平気で出す編集がいるんだから、やっぱり一般的にあまり気にされないものなんだろう。

 前にどっかのサイト(見つけられませんでした)で、翻訳家はこういう仕事…という紹介記事があったが、その中で「出したい本があったら翻訳家が出版社に企画持ちこみするときもある。しかし、翻訳じたいはコンペであって、企画持ちこみした人が翻訳を担当できるとは限らない」と書いてあってびっくりした。
 それが本当ならヘンな訳の本なんか一掃されてるはずだ。というかそんな余裕がある出版社ってどこ?コンペやっても採算取れるくらい売れる翻訳本ってナニ?コンペで落とされるかもしれないに関わらず企画持ちこみする翻訳者って、いるのか?…

 まぁたいがいはある程度、原書の作家や内容によって「この翻訳者に頼もう」ってのが編集サイドにあるものだし、企画が持ちこまれてそれが通れば、たいがいはその翻訳者が担当するものだろう。(よっぽどの素人とかなら別だろうけど)

 でもこの岩波版「高慢と偏見」(あーよかった、話もどってきた)は、1950年代当時の翻訳事情がちょっと違ったことをうかがわせてくれる。

 訳者の富田彬氏は、あとがきでこう書いている。

わたくしはオースティンを世界最大の小説家の1人と見做しているわけではない。わたくし自身の好みからいえば、こういう言わば教養派の小説よりもむしろ野生派の小説、たとえばマーク・トウェインとかハーマン・メルヴィルの小説などのほうに人間的親しみを感じるのである。
 
 つーか…あんたの好みなんか誰も聞いてねぇよ!

 まあ別に本人は悪気はないというか、一読者の意見として(翻訳者なんだけどね)率直に言っただけで、それはいいんだけども。
 とにかくこう公言する人に翻訳をまかせるくらい当時は翻訳家が少なかったのだろう。英米文学翻訳者だからいんじゃない、とばかりに発注されただけという感じだ。

 同じあとがきの中で、富田氏は「高慢と偏見」を「家庭小説」と呼称している。これは他の同書の解説などでも散見する言葉で、富田氏の発明ではないだろうが、誰が読んでも(少なくとも女性なら)わかるように、「高慢と偏見」のテーマは「家庭」じゃなくて「恋愛」である。
 この時代の男性なら当然だったのだろうが、恋愛ドラマを理解しない、別にしようともしない態度が、あとがきから透けて見える。
 こんな人が翻訳したって、確かに、最大限の魅力を原書から引き出せるとはいいがたい。じっさい、彼の翻訳は恋愛ものにはそぐわないガサツさがある。

 だが翻訳というのは不思議なもので、書いたほうが意図しなくったって、読むほうはへたな翻訳の後ろにある原書の本質をちゃんと読み取れるということなのである。だから結論としては岩波版でも全然オッケーということなんであった。

 うーんしかし。富田氏が活動していたこういう時代は翻訳者が食いっぱぐれるってことは、なかっただろうなあ〜
posted by adayabook at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

「まあだだよ」− 内田百間不在の“わたおじ”の世界


 私には、内田百間という作家を気軽には語れないという気持ちがある。

 なぜ気軽に語れないか。それは百間と自分が似ていると思うからだ。
 それも似ているのは、人には言えない、恥ずかしい部分だからである。
 怠惰、我儘、虚飾、感傷、執着というような部分、他人には隠しておきたい、一人前のオトナとして恥ずかしく思うような部分。そこばかりが、すっごく似ているのである。
 だから百間を語ることは、自分の恥ずかしい部分を語ることに等しいという恐怖感がある。ああ恥ずかしい。なかでも本当に恥ずかしいのは、こうした欠点だらけの自分を苦々しく思いながらも、やっぱり心の奥底では許容している、のみならず愛していることであろう。
 
 百間はこんな恥ずかしい部分をネタにして晒し、絶妙な笑い話にしてたくさんの随筆を描いている。それ自体誰でもできることではなく、彼をすぐれた随筆家にしているひとつの要因だと思う。
 
 で、この「まあだだよ」。
 内田百間をモデルにし、彼の随筆を元にしたエピソードを多々盛り込んでいるという触れ込みであるが…。これはとんでもないウソである。

 この映画の主人公は内田百間でもなんでもない

 私の勝手な思い入れというわけではない。彼の随筆の読者なら誰でも賛同してくれると思う。
 内田百間といえば稀代のくそじじいである。我儘放題、自分ルールを第一として動くことがポリシーである。彼は自分をしてくそじじいをもって任じているのだ。
 だがこの映画の主人公にはそんなふてぶてしいところはひとつもない。小さくやせていて、身体が弱そうで、なんだか頭もちょっと弱そうなおじいさんである。こんな人物が描きたいのなら百間をモデルにする必要は、はなからない。

 長年勤めてきた学校を辞めるとき、生徒に「金むく」と呼ばれて泣いてしまうシーンが冒頭にある。なぜか田舎の中学教師みたいなシーンになっているが、百間が教鞭をとっていたのは法政大学と、軍の養成学校のみである。それに諸般の事情から40代には教壇から完全に退いて文筆業に専念している。こんなシーンなど現実にはありえないのだ。教職についた前後のことは随筆にもくり返し書かれており、読者なら誰でも知っていることだ。なのに、このまさにとってつけた“泣ける”エピソードは、一体何なのだろう。

 さらに不愉快なのが「泥棒入り口」のエピソードだ。教え子たちが夜中に先生の家にちん入すると、玄関に「泥棒入り口」と書いてある札が置いてある。廊下にも「泥棒通路」かなんか(忘れました)書いてある。居間には「泥棒休憩所」と書いてある。教え子たちはこれを見て暖かいユーモアにちょっとじーんとくるというようなシーンである。
 
 これは内田百間の随筆からアイデアをとったものであるが、随筆とはまったく違ったアプローチでとらえられているのに驚かされる。
 百間は強迫観念にかかりやすい自身の性格をよくネタにしている。泥棒が入るかもしれないという脅迫観念もそのひとつで、毎晩、雨戸に仕掛けをし、玄関やトイレの電気を夜じゅうつけておき、果ては目覚まし時計が夜中に鳴るようにセットする。もし泥棒が来てもベルの音で驚いて逃げるだろうというのである。もちろん寝ている自分が驚いて起きてしまい、このアイデアはすぐボツになる。
 「泥棒入り口」もボツになったアイデアとして紹介されている。この札を見た泥棒は思いがけなさに驚いて帰るだろうとまずは考えるのだが、いやいやこんな札をあまりたてると、今度は泥棒に「怖いあまりこんなことを考えたのだな」とのんでかかられると思い直すのである。そのうえ、家族にこのアイデアを話してみるが、あっさり無視されてしまって終わる。こういう笑い話として、随筆は書かれているのである。
 だが映画では百間がこの札を実践したものとして描いてある。もし私が作者だったら、「やってないことをネタにしたこと」を、映像で「実際やったこと」にして描写されるなど、耐えられない。

 もうひとつ気になるのは、百間の晩年を語るときには「もうひとつの家族」がかかせないはずだが、それがまったく抹消されていることである。
 百間は30代で妻と4人の子どもがいる家を出て、もと芸者である女性、こいと所帯を持ち、2度と帰ることはなかった。しかし死ぬまで妻と離婚することはなく、別居した家族との交流は最後まで絶えず、子どもたちはたびたび百間のもとを訪れていた。捨てた家のことは当然ながら百間の生活の中で精神上に大きなウェイトを占めていたと考えられる。その描写はしかし一切なく、おこいさんとの精神愛生活みたいなものがただ淡々と描かれている。 

 つまり、この映画は内田百間をモデルにしているといいながら、彼が創作や実際の生き方で表現した百間という人物そのものをまるで無視している。
 さらに言うなら、あえて百間の性質のややこしいところ、醜いところを全削除しているのである。
 
 黒澤明は百間の愛読者だと言っていたそうだから、この改変は百間を読んだことがない無知からではなく、監督たる自分は、自分の映画で何をしてもいいのだという傲慢から来る意識的なものだと思われる。
 内田百間の随筆の面白いところを適当につまんで、勝手にクロサワの考えた「わたしの理想のおじいちゃん(略してわたおじ)」にくっつけているだけなのだ。

 これは原作のある映画を作るときに一番やってはいけないことをしている最低の映画だと思う。
 原作通りに作るべきか、映画という形態に合わせてアレンジすべきか。監督は原作を通じて自分を表現するのだから、アレンジはすべきだろうというのが私の考えだ。だが原作の精神を破壊してはいけない。原作への尊重を忘れてテーマをねじまげ、人物像をねじまげ、自分の思う通りに操ってはいけない。
 なおかつ、おいしいところだけとって「利用する」など最低の行為であろう。

 はっきり言って、この映画は内田百間に対する冒涜であると私は思う。
 なぜこれを観て誰も怒らないのか、不快に思わないのかが不思議だ。何の評価も呼ばない映画だからといえばそれまでだが、自分をネタにしてそんな適当な映画を作られたこともまた、原作者にとっては侮辱といえるであろう。
posted by adayabook at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

日本人のルーツはサムライではない

 私が日本人とは一体何者なのか?をよく考えるようになったのはごく最近のことだ。
 いつの頃からか、「ラスト・サムライ」以後だったような気もするが、日本人が自分たちを過度にサムライにアイデンティファイするようになってからだ。
 日本人がサムライに自分のルーツを見出すという感覚自体は、だいぶ前からある風潮である。だいぶ前からと言ってもそれは実際の侍という職と共に生きた人々が絶えた昭和からであることは想像にかたくない。
 しかし、それが最近でははなはだしい。武士道の復権とかなんとか言って、サムライ気質を振り回そうとする。

 アメリカ人など、映画でサムライやニンジャ(この2つの区別などついてる人はいない)を観た人から、その素晴らしさをとかれることがある。こちらは笑って聞いているだけだ。それは映画の登場人物なんであって、完全なファンタジーである。

 しかしこのガイジンが持つファンタジーをどうも最近は日本人までもが抱き始めているらしい。地についた日本人としてのルーツを失った私たちは、いまやファンタジーに頼りはじめているのである。
 
 これにはまったく違和感を覚える。私の実感として、私のルーツはサムライなどではない。
 
 私が感じる自分のルーツは「町民」である。これは父方の家風で、東京の下町にある父の家はまさに「寅さん」の世界を地でいくものであった。単なる庶民の世界だが、そこには江戸時代から形作られた独特の様式を持つ「町民文化」というものが息づいていた。今町にはその面影なく、その町民文化を引き継ぐ人々もいなくなった。私たちはかろうじてその精神を受け継ぐことができた最後の世代かもしれない。

 しかし、それよりも根深いルーツがある。
 それはやはり「百姓」であろう。

 わが家は代々の農民ではなかった。だがさかのぼればいつかの時点で農民だったことはほぼ明らかである。私の母方は旧くは武将の家の血筋である。しかし、その先祖が武士となる前を少しばかりさかのぼれば農民であっただろうことは確実だ。武士とは武装農民を出自としているからだ。

 私だけではない。これが明らかに多くの日本人のルーツであろう。
 それなのになぜ自分たちの出自をサムライに求めるなどというファンタジーに頼ろうとするのか。

 農民として自然、特に水と太陽を崇拝する日本人。土地に縛られ、土地を縛り、土地と緊密な生活を続けてきた日本人。ゆえに既得権が好きで、血族の継続にこだわる日本人。
 どう見ても、サムライ気質なんかよりも自然に日本人にそなわっている性格ばかりである。日本人としての矜持を持つなら、まず農民としてのおのれのルーツを見つめなおしたいものだとつくづく思う。
posted by adayabook at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える日本の私 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

このサイト

このサイトについて。

 私は子どものころから読書にとりつかれていた。今も多くの本を読む。

 質や量はたいしたことはないが、とにかく手当たり次第に書物を読んできた。

 その理由はただひとつ「知りたいから」につきる。
 
 何を知りたいのか。つらつら考えるに、やはりそれは「自分は何者で、どこから来たのか」という問題につきるようだ。

 それに関連して、私がずっと疑問に思ってきたのは「日本人とは何者か。日本人である私とは何者か。」ということであった。

 だが私はそういうことをつっこんで研究・考察する専門家ではないし、なりえない。
 ただ日々、そんなことを漠然と思いながら、散漫な読書を続けているだけである。

 タイトルは宮本常一「忘れられた日本人」から拝借している。民俗学者・宮本は近代化で断絶される以前の日本人の姿を丁寧に掘り起こしていった。
 だが、現代では私たちは、近代化以前どころか、ついこの前にあったできごとや当時の感情までもハイスピードで忘れてしまっている。まして先人のことなどは忘却のかなただ。
 私たちはいまやへその緒のない赤子のようなものである。または、一定時間以上何かを覚えていられない健忘症の患者のごときである。このような症例は近年多くの映画で取り上げられたのでご存知であろう。記憶を保つことができないので、あちこちにメモを貼る。それでも片はしから忘れていく。足元が暗闇に飲み込まれるような恐ろしさ。私は病気ではないけれど、今抱えているこの危惧、日本人としての記憶が薄れていくこの危惧は、これに似たような症状を持っているといえないだろうか。

 メモを貼りまくるかわりに、ブログを立ち上げてみた。
 これは体系的な研究ではない。体系的なメモでさえない。
 ただの、日常的な、漠然とした、自分を支える行為の一環である。
posted by adayabook at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。